09年2月27日 上棟日

普段の行いが良いせい(?)、昨日までの雨もあがり上棟日和
いよいよ「200年住宅」の構造躯体が・・・。

朝7時半位から大工さん達が山崎邸の上棟のために徐々に集まってきました。
この日集まった大工さんは7人。
他にレッカー1人、駿河工房より現場監督の佐藤君・副島君の2人も来てくれました。

f0200050_031014.jpg

8時を廻った頃からレッカーを動かし始め上棟スタート。
一昨日据付けた土台の上に柱を建てていきます。

f0200050_034052.jpgこの家は2階がリビングになる為
1階に柱が多く建っています。
紙にくるまれている柱は化粧柱
完成時には見えてくるので、
作業で柱が汚れないよう養生されています。

柱が全て建ったら次は2階の床梁を納めます。


f0200050_051027.jpgf0200050_045217.jpg
この金物は、ハラテック金物
駿河工房では、通し柱と2階床梁の取り合いはこのハラテック金物を使い
通し柱の断面欠損を減らし柱本来の強度を保つようにと考えています。
このハラテック金物のいいところは、
○スリット(溝)が1本な事
○金物自体が厚く簡単にはゆがまない事
○引き寄せ機能がある事 等
ここ数年このハラテック金物を採用して作業効率も上がっています。

f0200050_054110.jpg
2階床梁が納まったら柱の転び(真っ直ぐに建っているか)をチェックし、
床合板(厚24)を張ります。床合板上には養生シートを貼り雨が降っても大丈夫。
作業効率を考え、その上に 2階柱・小屋梁等を載せていきます。
ざっとここまででお昼を迎え少しの休憩。
この続きはまた次回・・・。
「200年住宅」の事、「しずおか優良木材」の事、「ハラテック金物」の事
書きたいことはいっぱいあるのですが・・・文章力があまり無くて・・・。
[PR]
by suruga-smallhouse | 2009-05-14 00:14 | 現場のこと